資料ダウンロード

DOWNLOAD

電子帳簿保存法の改正に 調達・購買部門は どう向き合うべきか

資料概要

2022年1月に改正される電子帳簿保存法(以下、電帳法)にて、これまで紙に印刷しての保管が認められていた国税関係書類(請求書、契約書、見積書、納品書等)の電子データを「オリジナルのまま保管すること」が必要になりました。
この法改正は、現場の業務プロセスを見直し、調達・購買業務のデジタル化を推進するチャンスでもあります。
このホワイトペーパーでは、調達・購買部門における改正電帳法対応のポイントから、業務改善のヒントまでをご紹介します。

POINT!

  • 2022年1月の電帳法改正のポイント
  • 調達部門における対応策と業務改善のヒント

関連キーワード

  • 調達
  • 購買
  • 電帳法
  • 電子帳簿保存法
  • デジタル化
  • 電子取引

閲覧対象者(こんな方におすすめ)

  • 経営者の方
  • 調達・購買部門のマネジャー・ご担当者の方
  • モノ・サービスの購買等で、他社と取引を行う機会が多い方

下記フォームにご入力ください。

お申し込みの前に必ずお読みください

ご記入いただいた個人情報につきましては、厳正な管理の下でお取扱いし、Leanerに関するご連絡やお知らせに利用させていただきます。
事前にご了解なく他の目的で利用・提供することはございません。
個人情報の取扱いを委託する場合は、当社の厳正な管理の下で行います。

[個人情報に関するお問い合わせ先]

株式会社Leaner Technologies
Email:info@leaner.co.jp

お問い合わせ 資料ダウンロード