データを活用し、提案型の購買部を目指す。大手自動車部品メーカー、東洋電装がLeaner見積を導入する理由

東洋電装株式会社は1947年に設立、自動車・オートバイ・汎用製品の研究・開発・製造・販売を行う企業です。完成車メーカーのサプライヤーとして効率良く生産する仕組みにより、高品質でお客様の要望に合わせた製品提供をしています。

購買部では業務が属人化し、戦略的な原価低減に時間が使えていないという課題があり、購買業務の生産性向上とデータ蓄積による高度化を目指し、「Leaner見積」を導入しました。

今回は、購買本部 購買部 執行役員 渡邊様、購買部 部長 森口様、購買部 課長 大原様、購買部 鈴木様に見積導入の背景や今後の調達部の目指す姿についてお伺いしました。(以下 敬称略)


-まずは東洋電装様の事業内容と、購買部の役割、ミッションについて教えてください。

森口:東洋電装は自動車、オートバイに使われる装置を完成車メーカーに提供しています。お客様のご要望に対してタイムリーに安価で提供できるよう、現在は海外4ヵ国に生産拠点を構え、鶴ヶ島のテクニカルセンターを軸に即断即決ができる体制を構築しています。

購買部の大きなミッションは「グローバルな調達活動を通じて、お客様により安価に部品を届ける」ことです。そのために業務の仕組みを構築することや、ソーシングの浸透と推進、原価低減のための活動や、海外拠点の立ち上げを担当しています。

-購買部の業務の中で感じていた課題はございますか?

渡邊:同業他社に比べ、事業規模が小さいため、独自性のある戦い方が必要だと感じていました。そのために品質を担保しながら、新しいメーカーの開拓や廉価での調達強化をどう実施していくかが課題でした。

鈴木:顧客から案件を多くいただくようになる一方、日々の業務が見積回収業務で手がいっぱいな状況でした。そのため、サプライヤー選定や価格交渉・比較、新規メーカー開拓ができていないことが課題だと実感していました。見積回収業務をいかに効率化させるかが課題でした。

大原:東洋電装は取り扱い品数が多く、多岐に渡るため、一つ一つバイヤーが知識を習得するのが難しいです。私自身も購買部の経験が浅い頃は、業務の進め方がわからない時代がありました。若いバイヤーが知識を習得できる環境を整備する必要があると感じていました。

森口:業務がデジタル化されていないことが課題であると捉えており、それが業務を個人のものにしています。プロジェクトごとに担当がアサインされるため、Aという製品には詳しいが、Bという製品はまったく詳しくないことも多くあります。購買データを一箇所で管理できるようにして情報を会社の資産として共有できる体制が必要でした。

―その中で、「Leaner見積」の導入を決定した背景をお教えください。

渡邊:購買部としては新たなサプライヤーを開拓し、廉価で調達することが競合優位性となり、独自の価値を生み出す重要なポイントのひとつです。そのために、サプライヤーの情報を取得して活用できる仕組みが必要でした。

大原:弊社は少数精鋭の組織で扱い品数が多いため業務が見積回収で終始してしまっている、かつ業務の属人化といった現状を打開するには生産性を高めるツールが必要だと感じていました。
Leaner見積はクラウドシステムなので、場所や時間を問わず情報を共有、収集できるようになり見積業務が効率化しその結果、戦略や知恵を絞る時間を創出するのではないか?と思ったんです。

また、共有される情報は、見積データや製品の知識だけではなく、個人の業務の成功体験も含まれます。業務プロセスの可視化とデータ蓄積が会社の知識、財産として戦える道具になると思い、投資のひとつとして経営層と議論の上決定しました。

〜「Leaner見積」導入の決め手は刷新性〜

森口:ソーシングを高度化するための仕組みを探してはいましたが、海外のシステムは費用が高く、自社専用に構築するシステムは高額なカスタマイズが必要になる、そして時代に追いつかず結局使われなくなってしまう、実際に置き去りにされたシステムがうちもたくさんあって…。

渡邊:Leaner見積は時代のニーズを捉え、刷新するビジョンが魅力でした。短いトライアル期間においてもシステムの刷新が垣間見え「さすが、若いスタートアップ企業が作るツールだな」と率直に感じました。その時代の変化、世の中の要求に向き合って、できる限りスピーディーに対応していく姿勢です。弊社は組織として保守的ですが、その刷新精神は大きな良いインパクトでしたね。

森口:今後、我々の後に続く社員の時代になれば、状況は変わります。組織として若手に負の遺産を残さないような環境を整えていきたいです。

―「Leaner見積」を活用して、今後実現していきたいことを教えてください。

大原:今は主な業務が見積取得になっていますが、見積を取得すること自体はそこまで難しいことではありません。Leaner見積で優秀なメンバーの見積業務を効率化し、単に価格を回収するだけではなく、価格交渉などに時間を割きたいです。

森口:今は重要な情報がPCの中に沈んでいたり、紙でファイリングされていたり…。ファイリングされている紙を引っ張り出すのに、一件30分もかかっているようでは、どうしようもないですよね(笑)。まず足元は、業務のデジタル化ですが、この先のDXやトランスフォーメーションにおいては、刷新性の高いリーナーと一緒に時代の変化に適応しながら、仕事の仕組みを育てていきたいです。

―最後に、東洋電装の購買部として、今後目指していく姿についてお聞かせください。

鈴木:今後は戦略的な調達活動の実施ですね。世界視点で新規サプライヤを開拓するなど、お客様に対して付加価値を創出する購買部を目指しています。

森口:提案型の購買を進めたいです。設計・開発部門からの依頼されたものを買うのではなく、「これを使ってください」と設計・開発部門に対しての提案です。購買部としてサプライヤーや製品、過去の履歴などのデータがあれば、安全性を担保しつつ、設計に基づいた質と価格のバランスを考え最適なものを買うことができます。そうするとお客様にいい製品を安くタイムリーに提供ができるようになります。

渡邊:営業や内部の生産管理のツールはたくさんありますが、正直、購買部はあまり人目につかない、しかし今後の企業間競争においては購買力の差が大きく影響すると思います。

森口:入口の部分をデジタル化することで、データの蓄積ができるようになる、蓄積したデータをどういう切り口で活用するか、自分達で判断基準を作り、新しい価値を生み出す。BCPに付けたりSDGsを見つけたり。時代に対する価値を創ることができる購買部を目指します。

―本日はありがとうございました!

会社概要

  • 製造
  • 1000名以上
社名
東洋電装株式会社
設立
昭和22年4月1日
従業員数
1,078名
事業内容
自動車・オートバイ・汎用製品の研究・開発・製造・販売
ホームページ
https://www.toyo-denso.co.jp/

TOPICS

  • デジタル化によりサプライヤ開拓の時間を創出
  • データを活用した戦略的な調達活動
  • 提案型の購買部を目指す

他の導入事例

お問い合わせ 資料ダウンロード